リンゴジュース まとめ速報

2ちゃんねる。おーぷん2ちゃんねるの ニュース、野球、社会、おもしろネタをまとめるブログ

パズキューレ オンラインゲーム
    相互リンク大募集中(*・ω・)ノ
     
    連絡用フォーム

    アメリカ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ちゃとら ★@\(^o^)/ 2014/12/07(日) 12:27:19.02 ID:???0.net

    【海外発!Breaking News】2つの顔を持った猫“フランク&ルイ”、癌のため安楽死。15歳で天国へ。(米)

    no title


    2つの顔を持ち、そのどちらも個性があるために“フランク&ルイ”と名付けられ、長年にわたり人々に愛されてきた米マサチューセッツ州に暮らす1匹の猫。残念ながら、このほど15歳にして天国へと旅立ったことが報じられた。

    米マサチューセッツ州ウースターのマーサ・スティーヴンスさんが、1999年に引き取った顔が2つもあるオスの仔猫。どちらの顔もしっかりと主張してくることから、“フランク&ルイ”と2匹分の名がつけられた。この画像は米東海岸のメディア『wpxi.com』が伝えているその記事のスクリーンショットで、2011年9月に撮影されたもの。頭部の向かって左側がフランク、右側がルイだという。

    「顔面重複奇形」という珍しい先天性疾患のもとに生まれ、目、鼻、口は2匹分で耳と脳は1匹分。そんな“フランク&ルイ”を赤ちゃんの時に診たタフツ大学カミングス校獣医学部の獣医は、「この猫はそう長くは生きられない」と告げたという。だがフレンドリーな性格で人々に愛されながら“フランク&ルイ”はなんと15年も生きた。

    こうした猫は、ローマ神話に登場する背中合わせに2つの顔を持つ神にちなんで“ヤヌス猫”と呼ばれているが、これほど長く生きた例は滅多にないとして“フランク&ルイ”は12歳の時にギネス世界記録にも登録されていた。しかし先月に癌が見つかり、スティーヴンスさんは「苦しむことが予想される」との獣医の説明に安楽死を選択した。縁があればまた同じような境遇の猫を飼いたいと考えているそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9549287/

    引用元: 【動物】2つの顔を持ったネコ「フランク&ルイ」15年生きた末に安楽死

    【【訃報】2つの顔を持ったネコ「フランク&ルイ」15年生きた末に安楽死】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Baaaaaaaaφ ★@\(^o^)/ 2014/12/03(水) 12:03:44.51 ID:???0.net

    米国 運試しで大当たりした男性、1400万ドルを全額教会建設に寄付


    海外メディアの2日付け報道によると、アメリカの運のよい男性がラスベガスで当てた1400万ドルを全額慈善機構に寄付することに決めた。

     

    運試しで20ドルを元手にスロットマシンに挑むと、5分後に大金持ちになったのだ。

     

    現地時間の12月1日、当選者の男性はカジュアルな服装で賞金を受け取り、全くお金持ちには見えなかった。男性は名前を公開しなかった。男性はカジノの常連客ではなく、見聞を広めるために観光客と一緒に訪れた。

     

    男性は賞金を全額教会建設に寄付する予定だという。

     

    (翻訳 崔蓮花)

    http://www.xinhuaxia.jp/social/54262
    no title

    引用元: 【米】運試しの5分で15億円稼いだ男性、全額慈善機構に寄付 ラスベガスのカジノ

    【【米】運試しの5分で15億円稼いだ男性、全額慈善機構に寄付 ラスベガスのカジノ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/12/02(火) 14:55:01.44 ID:???0.net

    「手荷物は爆弾」=冗談で罰金1000万円―米

    時事通信 12月2日(火)14時46分配信


    【マイアミ(米フロリダ州)AFP=時事】「危険物はありますか」「はい、プラスチック爆弾を少々」。空港の手荷物検査官を驚かそうと、つい口にした冗談で、ベネズエラの男性医師(60)が罰金約8万9000ドル(約1000万円)を請求されている。
     騒ぎがあったのは10月22日。米フロリダ州のマイアミ国際空港で、医師は南米コロンビアの首都ボゴタへ向かおうとしていた。即座に医師は「冗談だ」と打ち明けたが、笑って済むことはなく、乗客らは緊急避難、警察の爆弾処理班が出動し、各便に遅れが生じた。
     弁護士によると「人生で最大の過ちを犯した」と医師は後悔している。米検察は罰金の支払いを確認後、訴追を取り下げる方針。 


    時事通信 12月2日(火)14時46分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141202-00000100-jij-n_ame


    プラスチック爆薬


    概要

    第二次世界大戦中にアメリカ軍が開発。名称のプラスチック(plastic)とは合成樹脂のことではなく原義の「可塑性」を意味し、粘土のように容易に変形できることが特徴である。

    小分けや変形により爆発のコントロールが容易である事から、周囲に影響を与えずに限定された対象を爆破する目的に適しており、主に既存構築物の破壊のために使用される。壁に円形に配置して爆破させて穴を開けたり、柱に孔を開けて爆薬を仕込んで爆破して切断するなどの方法が取られる。

    迅速な陣地構築の必要がある工兵にとって不可欠な装備であり、近年では武装勢力による自爆テロ等に多用されることで知られる。また民間でも建築物の爆破解体に用いられる。

    juh

    引用元: 【米国】「危険物はありますか?」「はい、プラスチック爆弾を少々」 空港でジョークを言った男性医師、罰金1000万円請求される

    【【米国】「危険物はありますか?」「はい、プラスチック爆弾を少々」 空港でジョークを言った男性医師、罰金1000万円請求される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2014/11/23(日) 05:04:24.15 ID:???0.net
    最終更新:2014年11月22日(土) 12時9分

    no title


    米で39年服役の男性2人釈放、目撃証言は嘘


     アメリカ・オハイオ州で、殺人犯として39年間にわたって服役していた男性2人が釈放されました。事件当時13歳だった目撃者が、今月になって「証言は嘘だった」として撤回したためです。

     「(空気がおいしい?) そうだね、本当にそうだ」(釈放されたリッキー・ジャクソンさん)

     21日、釈放されたのは、ワイリー・ブリッジマンさんとリッキー・ジャクソンさんで、1975年、オハイオ州で男性を殺害したとして逮捕され、39年間、服役していました。逮捕のきっかけは、「殺害の様子を見た」という当時13歳の少年の目撃証言でしたが、その少年が52歳になった今月、証言は嘘だったとして法廷で撤回。他に有力な証拠はなく、オハイオ州の裁判所は2人の釈放を決めました。

     「(中で何を考えていた?) 田園風景を見て、また土の上を歩いたらどんな感じかと考えていた」(釈放されたワイリー・ブリッジマンさん)

     出廷した地元の検察官は、「州政府は明白な事実を前に、敗北を認めている」と話したということです。(22日10:42)
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2355201.html

    引用元: 【国際】 米で39年服役の男性2人釈放、目撃証言は嘘 [TBS]

    【【国際】米で39年服役の男性2人釈放、目撃証言は嘘【ワイリー・ブリッジマンさん】【リッキー・ジャクソンさん】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 急所攻撃(アメリカ合衆国)@\(^o^)/ 2014/11/22(土) 22:02:43.66 ID:VYkBD6br0●.net BE:238078581-2BP(2000)

    合法化された大麻をシアトルの3人のおばあちゃんが初体験する映像が世界中で大反響

    大麻を吸うと一体どうなるのか?合法化の進むアメリカで大麻を初体験するおばあちゃんたちの映像が撮影され、大ヒットとなっています。

    日本時間11月5日、アメリカ合衆国の中間選挙と同時に行われた住民投票で首都ワシントンDC、オレゴン州、アラスカ州でレクリエーション目的の大麻が合法化されました。
    これで先に合法化されているワシントン州、コロラド州と併せ、4つの州と首都で大麻が合法となっています。

    no title

    さらにはオバマ大統領が「酒より危険ではない」と明言し、ニューヨーク・タイムズ紙が「大麻を禁止する連邦法を撤廃すべき」とする社説を発表するなど、日本では今もドラッグ扱いされ、法律で厳しく禁止されている大麻に対する世界の認識は刻々と変化しています。

    では、いったい大麻を吸うとどうなるのか?映画や小説に登場することはあっても、本当に一般人が吸ったら何が起こるのか?そんな疑問に応える動画が登場し、公開から1日足らずで285万PVを稼ぐ大反響となっています。

    この動画が撮影されたのはアメリカ合衆国でも先頭を切ってレクリエーション目的の大麻の合法化の行われたワシントン州シアトル。Cutは人生で大麻を吸ったことのない3人のおばあちゃん、Paulaさん、Dorotheaさん、Deirdreさんを起用し大麻をレクリエーションとして初体験してもらっています。

    3人はBongと呼ばれる水パイプとVaporizerと呼ばれる気化吸引器を使用して大麻を吸引、その後Cards Against Humanityという名前のカードゲームを行い、スナックを提供されます。動画は時間経過に沿って彼女らの様子と会話を映していきます。じっくりご覧ください。

    http://buzzap.jp/news/20141120-grandmas-smoking-weed/

    Grandmas Smoking Weed for the First Time
    http://www.youtube.com/watch?v=IRBAZJ4lF0U


    引用元: 合法化された大麻を3人のおばあちゃんが初体験する映像が話題  危険なドラッグに見えますか?

    【合法化された大麻を3人のおばあちゃんが初体験する映像が話題  危険なドラッグに見えますか?】の続きを読む

    このページのトップヘ