リンゴジュース まとめ速報

2ちゃんねる。おーぷん2ちゃんねるの ニュース、野球、社会、おもしろネタをまとめるブログ

パズキューレ オンラインゲーム
    相互リンク大募集中(*・ω・)ノ
     
    連絡用フォーム

    事件

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Anubis ★@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 11:39:37.36 ID:???0.net

    <王将社長射殺>盗難バイクから硝煙反応 京都府内で押収

    毎日新聞 12月12日(金)11時29分配信


     「餃子の王将」を展開する王将フードサービスの社長だった大東(おおひがし)隆行さん(当時72歳)が昨年12月、京都市山科区の本社ビル前で射殺された事件で、京都府警が山科区内で押収した盗難バイクから、銃を撃った際に残る硝煙反応が確認されていたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。府警山科署捜査本部は、このバイクが逃走に使われた可能性が高いとみて、容疑者の特定を急いでいる。

     府警は現場の防犯カメラの映像から、大東さんを撃った犯人がバイクで逃走した可能性が高いとみて、現場周辺の防犯カメラや車載ドライブレコーダーの映像を合わせて分析。今春、推定される逃走経路の周辺で、所有者不明や、盗難に遭うなどしたバイク数台を発見し、押収していた。そのうち、盗まれたバイク1台から硝煙反応が出たという。

     硝煙反応とは銃の発砲や爆発があった際、現場周辺に残る亜硝酸による化学反応で、鑑識捜査で使われる。

     事件は昨年12月19日午前5時45分ごろ、大東さんが約1キロ離れた山科区内の自宅から1人で車を運転し、駐車場で降りた直後に発生。大東さんは至近距離から25口径の拳銃で胸や腹に4発の銃弾を受け、間もなく死亡した。【岡崎英遠、村田拓也】

    001

    002

    003

    004

    005

    006

    007

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141212-00000017-mai-soci

    引用元: 【社会】<王将社長射殺>盗難バイクから硝煙反応 京都府内で押収

    【【社会】<王将社長射殺>盗難バイクから硝煙反応 京都府内で押収】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 13:33:10.84 ID:???0.net

    バレーボール日本代表選手を盗みの疑いで逮捕

    バレーボール男子の日本代表の30歳の選手が、東京・品川区のパチンコ店で、男性客が置き忘れた財布から現金を盗んだとして、警視庁に逮捕されました。

    逮捕されたのは、バレーボールの日本代表で、Vリーグ男子の東レに所属する王金剛容疑者(30)で、警視庁の調べによりますと、10日の午後8時半ごろ、品川区東五反田のパチンコ店で、20代の男性客がパチンコ台に置き忘れた財布から現金14万円を盗んだ疑いが持たれています。
    王容疑者は財布を忘れ物として店員に届け出ていましたが、持ち主の男性客が現金が無くなっていることに気づき、警視庁が店内にいた王容疑者に聴いたところ、現金を盗んだことを認めたということです。
    調べに対して、「財布を見つけて、届け出るつもりだったが、1万円札がたくさん入っていたので、つい盗んでしまった」などと供述しているということです。

    王金剛選手とは

    王金剛選手は中国出身の30歳。2008年に東レに入部し、翌年、別のチームに移籍しましたが、2010年から東レに復帰しました。
    東レによりますと、王選手は2011年に日本国籍を取得し、今年度の男子日本代表に選ばれています。

    東レが全日本選手権辞退

    バレーボール、Vリーグ男子の東レの王金剛選手が窃盗の疑いで逮捕されたことを受け、東レは、東京で開催中の全日本選手権への出場を辞退しました。
    東レは、12日午前、日本バレーボール協会に全日本選手権の出場の辞退を申し入れ、受理されました。東レは、全日本選手権で過去7回優勝している強豪で、ことしは2連覇がかかっていました。
    東レは「皆さまにご迷惑をおかけし深くおわび申し上げます。処分については、事実確認が完了したあと、厳正に対処する方針です。今後の男子バレーボール部の活動は、バレーボール協会の指導を受けながら検討します」とコメントしています。

    k_oh_main
     

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141212/k10013919441000.html

    引用元: 【社会】バレーボール日本代表選手・王金剛(東レ所属)容疑者、パチンコ屋に置き忘れた財布から現金14万円盗んで逮捕

    【【社会】バレーボール日本代表選手・王金剛(東レ所属)容疑者、パチンコ屋に置き忘れた財布から現金14万円盗んで逮捕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/12/11(木) 23:56:40.65 ID:???0.net

    在コンゴ大使館放火事件、懲役12年の判決

    読売新聞 12月11日(木)20時42分配信


     アフリカ・コンゴ民主共和国の日本大使館が昨年6月に放火された事件の裁判員裁判で、東京地裁(中里智美裁判長)は11日、当時会計担当の3等書記官として大使館に勤務し、現住建造物等放火と業務上横領の罪に問われた元外務省職員・山田真也被告(31)懲役12年(求刑・懲役15年)の判決を言い渡した。

     判決によると、山田被告は公金約2000万円の着服の発覚を免れるため、大使館の入るビルにガソリンをまいて放火。着服した公金の大半をカジノにつぎ込んだ。判決は「自己中心的な動機で、厳しい非難は免れない」と指摘した。


    読売新聞 12月11日(木)20時42分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141211-00050147-yom-soci


    画像 山田被告
    no title

    引用元: 【社会】在コンゴ大使館放火事件、山田被告に懲役12年の判決

    【【判決公判】在コンゴ大使館放火事件、山田真也被告に懲役12年の判決】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ちゃとら ★@\(^o^)/ 2014/12/11(木) 19:17:54.86 ID:???0.net

    【衝撃事件の核心】
    小2息子を鎖でつなぎパチンコ「息子に頼まれた」と無罪主張に仰天「また一緒に暮らしたい」にあきれる

     滋賀県長浜市で今年10月、小学2年の男児が自宅の居間で腹を鎖で縛りつけられているのが見つかった。鎖の端は柱につながれ、男児は少なくとも約4時間半にわたって半径1.5メートルほどの範囲しか身動きできない状態で、周りには排泄(はいせつ)用のおまるが置かれていた。逮捕監禁容疑で逮捕されたのは、男児の両親だった。ところが、父親は初公判で「子供が『鎖でくくって』と言った」と言い放ち、無罪を主張している。市教委などは約1年半も前から児童虐待の疑いを持ちながら、結局は悲劇を見抜くことはできなかった。(桑波田仰太)

    同級生の悲痛な訴え、ネグレクト発覚

     悲劇の現場を見つけたのは、男児の同級生たちだった。

     今年10月8日午後3時半ごろ、男児方付近の路地で小学生10人ほどが集まっているのに近くの男性(66)が気づいた。男性が近寄ってみると、子供たちが「おっちゃん、友達が鎖でつながれているんや」と悲痛な表情で訴えてきた。子供たちに案内されるまま男児方に入ると、居間で男児が鎖につながれた状態でぐったりと座り込んでいるのを発見した。

     男性はあわてて110番通報し、男児を助けようとしたが、南京錠で止められた鎖が男児の腹に食い込み、なかなか外せない。男性は自宅から持ってきた工具で、やっと切断した。

     男児に大きなけがなどはなかったが、衰弱していたために病院に搬送。その後は、児童相談所にあたる県彦根子ども家庭相談センターに保護されている。

     県警長浜署は、逮捕監禁容疑で男児の父親(32)と母親(27)を逮捕。2人は同罪で起訴され、11月28日に大津地裁で初公判が開かれた。検察側の冒頭陳述などで明らかにされたのは、男児に対する2人の虐待、育児放棄ぶりだった。

    「しつけのため」と鎖で縛る

     母親は平成24年4月に父親と結婚。男児は母親の連れ子だった。だが、やがて2人は男児を家に残してパチンコなどに出かけるようになり、深夜に帰宅することもしばしばあった。

     その間、自宅に取り残された男児は、冷蔵庫の中の残り物を食べて空腹をしのいだ。すると、帰宅した父親が「無断で食べた」と激怒。その結果、2人が外出している間は、男児の行動を制限することにし、昨年3月に鎖や南京錠などを購入した。

     以後、2人は外出するたびに、男児の腹を鎖で縛って南京錠で止め、鎖の端を居間の柱にくくりつけた。柱付近には飲み水とおにぎり、ゲーム機、そしておまるが置かれた。また、男児は素手やほうきで殴られることもあった。

     公判で父親は無罪を主張し、鎖で縛ったのはしつけのためとする。弁護側は「子供に『くくって』と頼まれてやった。無理やりではなく了承を得たうえで、問題行動に対するおしおきだった」などと述べた。

     一方、母親は起訴内容を認め、被告人質問で男児の気持ちを尋ねられると、「怒られたくないから、いやいや(『くくって』と)言っていた。それが分かっていながらくくっていた」と涙ながらに証言した。

    1年半前に育児放棄の兆候があったのに…

     長浜市教委教育指導課や同市家庭児童相談室などによると、実は昨年4月には男児に対する育児放棄の兆候があることを把握していた。男児が通う小学校の教員が、男児が食事を与えられていなかったり、何日も風呂に入っていない様子に気付いたという。

     それ以降は、教員や家庭児童相談室の職員が何度も家庭訪問をするようになった。また、同年5月には男児の顔が腫れていたため、学校側が同室に連絡。身体的な虐待の疑いも浮上していた。

     今年5月には、男児が左腕にやけどをしているのを教員が発見。男児に理由を尋ねると「転んだ」「アイロンに当たった」などと答えたという。7月には男児が1週間も学校を欠席したこともあった。教員ら4人が男児方を訪問すると、母親は「風邪です」と説明。自宅内で男児が無事に過ごしている姿も確認できたため、それ以上の追及はしなかった。

     市教委教育指導課の清水伊佐雄副参事は「継続的な家庭訪問など、やるべきことはやってきた」と話す。

     一方、男児が長期欠席した際、学校側は家庭訪問をする前に「虐待が疑われる児童がいる」と長浜署に連絡をしていた。結局は、男児の無事が確認されたため、学校側は「安全が確認できた」と再度連絡。警察が男児方を訪問することは、今回の事件発覚までなかった。

     同署の藤岡昌行生活安全課長は「学校から連絡を受けて、捜査の必要はないと判断した。具体的な暴行や傷害の状況を聞いていれば、対応は変わっていた」と話す。

    事件発覚まで虐待は見抜けなかった

     今回の事件を受け今年11月25日、市教委や家庭児童相談室、県彦根子ども家庭相談センターの担当者らが集まって対策会議が行われた。アドバイザーとして出席した児童福祉司は「男児から話を聞き出すよう努力するべきだった」と、学校や市などの対応を批判した。

     市子育て支援課の若林佳子課長は「虐待を見抜けなかったことを重く受け止めている」と反省の弁を述べた上で、「両親や男児にもっと話を聞くべきだったが、スタッフは1人当たり90世帯を担当している。現実的には、すべての家庭に対して親身になって臨むのは難しい」と漏らした。

     母親は、初公判で検察から懲役2年を求刑され、即日結審。今月17日に判決が言い渡される。「息子に会って謝りたい。また一緒に暮らしたい」と訴える母親の言葉が法廷にむなしく響いた。一方、父親の次回公判は年明け以降に開かれる見込み。

    no title

    http://www.sankei.com/west/news/141211/wst1412110003-n1.html?view=pc

    引用元: 【裁判】小2息子を鎖でつなぎパチンコ 「息子に頼まれた」と無罪主張に仰天 「また一緒に暮らしたい」にあきれる

    【【宮島保名】小2息子を鎖でつなぎパチンコ 「息子に頼まれた」と無罪主張に仰天 「また一緒に暮らしたい」にあきれる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: きのこ記者φ ★@\(^o^)/ 2014/12/11(木) 15:56:29.61 ID:???0.net

    藤沢駅の痴漢えん罪事件 検察審査会へ申し立て

    JR藤沢駅での痴漢冤(えん)罪(ざい)事件で、無罪となった男性を現行犯逮捕した県警の警察官を不起訴とした横浜地検の処分を不服として、男性の妻(56)が9日、横浜第1検察審査会に審査を申し立てた。

     男性の妻は、現場で現行犯逮捕した県警鉄道警察隊の男性警察官が、別人物の画像を男性と偽った捜査報告書を作成したとして、虚偽有印公文書作成などの容疑で横浜地検に告発。地検は今年6月、嫌疑不十分で不起訴処分としていた。

     申立書によると、捜査報告書を偽ったことは明らかな上、不起訴とした理由についても、地検は男性側が調べた事実と異なる説明をしたと指摘している。

     妻は「審査で起訴相当や不起訴不当の議決を得て、真相を明らかにしたい」と話した。

     男性は2010年4月、JR藤沢駅に停車中の電車内で女子高校生の体を触ったとして、県迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕された。横浜地裁は男性に有罪判決を言い渡したが、二審東京高裁は、現場で警察官によって撮影されたとする犯人の画像を「男性とは別人の画像である疑いが濃厚」と判断。男性を無罪とし、確定した。

    【神奈川新聞】

    http://www.kanaloco.jp/article/81440/cms_id/115589
    Yoshitsune-2 Fujisawa-OhfunaH171123 002

    引用元: 【神奈川】痴漢の犯人に仕立てた?警官が不起訴に 無罪勝ち取った男性の妻が不服として審査申し立て

    【【神奈川】痴漢の犯人に仕立てた?警官が不起訴に 無罪勝ち取った男性の妻が不服として審査申し立て】の続きを読む

    このページのトップヘ